So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

6月11日/いつもと違う初夏のノーエン

どんな理由か知らない。
弟R(庭師・実家住まい)が野菜づくりに目覚めてしまった。
ホームセンターで目についた種、苗、土、肥料などを
見境もなく買いあさってきた(よく、これで庭師ができると思う)。

1161imo.jpg


上は、たぶんヤマイモ。以下、畑わさび、ヤーコン、茄子、おくら、
3種の枝豆、ゴボウ、人参、葱、生姜、インゲン、落花生他多数を購入。
限られた場所の、どこで、どうやって育てるというのか。
(秋にまく空豆の種もあった。)

ぼくは、ゴーヤ2苗とトマト2苗でガマン。
それが、先達としての礼儀というか、心の広さだ。


1161tomato.jpg
1169goya.jpg


しかし、誰が種を蒔いたとしても、虫たちは容赦しない。
いつものように、カボチャには甲虫。ルッコラやラディッシュなど葉ものには毛虫。
しかし、チコリやフェンネルには、一匹の虫も寄り付かない。
人が食べても苦いからなぁ。


1161misi.jpg
1169batafly.jpg
1169chikori.jpg
1161fenner.jpg


ということで、
いつもの夏よりも、賑やかで、過剰で、万国博覧会的なノーエン。
つまり、虫たちにとっては、多彩な食いものがあるということになる。

そろそろ食べられるのは、インゲン。でもこれは一株しかない。
バジル、茗荷は元気。落花生はなぜか成長不良。
肥料のあげ過ぎかも知れない。なにせ、あんなにあった肥料が、
結構減っていたからなぁ。

どんな夏のノーエンになるのか。楽しみでもあり恐ろしくもある。

11610ingen.jpg
1169peanuts.jpg
1169bb.jpg

3月21日/春分の日のノーエン

春を分かち合うと書いて、春分。
天文学的には、太陽が赤道の南から北へ向かって横切る瞬間のこと。
太陽が真東から昇り真西に沈み、昼夜の長さがほぼ同じになる日。

そのことを一番感じてるのはたぶん植物たちで、
「そろそろ、芽だしの準備でもしますかなぁ」と思う頃です。
農家では、農作業の準備にかかる時期なのでしょうが、
今日の東京は雨。野菜たちも春分の日の太陽は拝めません。

でも、ぼくは今日の雨は予報で知っていて、
昨日、種蒔きました。プランターに、チコリとフェンネル。
今日の雨を喜んでいると思われます。

11319cf1.jpg
11319f2.jpg11319c2.jpg

なぜプランターに蒔いたかというと、ノーエンには今スペースがないのです。
そのワケは去年の秋まで遡らざるをえないのですが、
いろいろ種蒔き時期を間違えてしまい、
ノーエンの大根はまだ細く、菜花もか細くか弱く、
スナップエンドウはようやっと支柱が必要になってきたところ。
収穫も整理もできず、野菜クンたちには本当に謝らなければいけないのです。

11319daoko.jpg

ノーエンを初めて約10年。
狭いノーエンということもあり、
この1年間は休耕し、土を休ませようかなぁ、とも思うのですが、
ホームセンターで苗を見てしまうと、衝動的に買ってしまうのです。

そうだ、家のベランダのプランターのサラダ菜たちは元気に育っています。
下の、油虫対策に買ったアルミ蛇のシャドー君も元気です。

11319shadow.jpg


2月28日/春がやってくる

2010年の猛暑の夏が過ぎ、短い秋が去り、
厳しかった冬も、そろそろ終わろうとしています。
あれ(最後の更新)から半年たってしまいました。
早いものです。この調子だと、ぼくもすぐに100歳です。

20012.jpg


さて、ノーエンは、何というか「あるがままに存在」しています。
いつものように、野菜より雑草の方が元気です。
乾燥していたノーエンは、突然の雪にびっくり。
そして、枯れ草の中からフキノトウの花蕾が出てきました。
恒例の蕗味噌にして食しました。焼酎のお湯割りで。
ノーエンの一年は、蕗のほろ苦さから始まります。


で、いま、どんな野菜があるかというと、
これまたお恥ずかしい限りなのですが、
種蒔きの時期が大幅に遅れ、まるでミニ野菜農園のようになっています。

20112nabana.jpg
菜花はまだ身長15センチ、

2011.2mame.jpg
スナップエンドウも、まだ蔓丈16センチ、

2011.2.25daikon.jpg
大根は、写真で見ると大きそうですが、長さ17センチ。


15、16、17と、
私のノーエン、暗かった♪ です。
どんなに暗いノーエンでも、
春はちゃんとやってくるんですね。

あしたから3月です。
2011年のノーエンのイメージを膨らませるために
今度の土日は、ホームセンターにでも行ってみます。
(その前に、ホントは確定申告なんですけどね!)

8月18日/猛暑のノーエン

前回の更新から1か月半以上経ってしまいました。
その間、歴史的な暑さが続き、もちろんノーエンも連日うだっていました。

あのアイスプラントは、いつのまにか花を咲かせ、
これで種が採れるなぁ、と思っていたら、
アレヨアレヨと言う間に枯れ、
大雨の降った後に溶けて姿が見えなくなってしまいました。

icep3.jpg

ズッキーニは、花は咲くものの受粉せず、ただグダンと横たわり、
キューリも水不足か、元気がなく、
枝豆は、花が咲き始めたものの、「ボクは昔、蔓植物だったんだよね」
とでも言ってるように、背を伸ばしもうゴチャゴチャ。

10714eda.jpg10714eda2.jpg

バジルも、暑さに葉っぱをシオシオさせています。
ミントは花を咲かせ、ブルーベリーは実の半分がしおれています。

10714bajil.jpg

こんな猛暑でも元気なのは、
何の手もかけていないゴーヤ、茗荷、紫蘇、アシタバ。
野生は強い! ということなのでしょう。
8月も半ばを過ぎ、人は暑い暑いと言っても野菜たちは秋を感じてるのか、
唐辛子は赤くなってきました。

10714peper.jpg10714goya2.jpg

ワヤな8月のノーエン。いま楽しみなのはゴーヤかな。
9月になったら、大根にチャレンジする予定です。
菜ものはしばらくやめときます。
そして庭では、
いつものように、百合が花を咲かせ始めました。

6月27日/3種のトマト

1/ジューシーミニ
カードには、「爽やかな甘さ」と書いてあった。
今いちばん成長が早い。知らないうちに3本立てになってしまった。

10627mini.jpg

2/アイコ
3年続けて作っている。
結構、収穫できるからだが、今年のアイコは線が細く、
なんだか、弱々しく見える。今のところ。

10627aikoko.jpg

3/フルーツトマト
カードには、「高知の名人、坂本さん」の写真があって、
「おいしい」と言っている。本当か嘘か、もう少しで分かる。

10627ftoma.jpg




6月25日/野菜は正直だなぁ。

冬が過ぎ、春があったようで、なかったようで。
いつのまにやら梅雨入りとの報道があったものの、
2、3日おきに夏のような強い陽射しがあります。

ノーエンも、雨まみれになるかと思えば水不足になり、
雑草が勢いを増し、蚊が跋扈し、蛙が旅立ちました。
野菜たちは何事もなかったように成長しているのですが、
気候とか日照時間とか温度とかに、少なからず影響を受けています。

例えば、↓アイスプラント
この野菜は夏の強い陽射しと水分に弱いのですが、
その二つの弱点が日替わりで襲ってきてはひとたまりもありません。
なんだか弱ってます。何の文句も言いませんが。

10620icep.jpg

ノーエンを始めて10年で、初めてチャレンジした野菜がこれ↓。
K婦人からもらった種が芽をだしました。
そう、アスパラです。
これから2、3年後に、ぼくの口というか胃に到着するでしょう。
長い旅です。

10620aspara.jpg

ズッキーニ↓も5年ぶりに一苗だけ植えてみました。
赤ピーマン、黄ピーマンと一緒に、
いすみの「道の駅」で廉価で購入しました。
狭いノーエンなのに、
苗を見ると欲しくなってしまうのは、欲ばりだからでしょうか。

10620zukki.jpg

さてさて、その他の野菜情報です。
●枝豆の小糸在来は、今のところ順調。
サラダ春菊も、同じく。
●小カブは、葉が虫食いだらけですが、実はうまうま。

10620edamame.jpg
10620syunsyuukaku.jpg

ゴーヤと胡瓜にも花が咲き始めています。
 同じウリ科で、花の色も形もそっくり。双子のようです。

10620kyuuri.jpg
10620goya.jpg

そうそう、
野菜たちは正直だってことを書きたかったのです。
欲張りでもなく、妬みもしなく、それでいて孤独ではなく、、、
などの話をしたかったのですが、
いつのまにやら成長日記になってしまいました。
このテーマの話は、またいつか。

では、最後にししとうの花で,今日はお別れです。

10620sisito.jpg





5月30日/目先のこと

蕪、虫に喰われていない葉っぱが一枚もない。見事に。
しかし、葉を喰っている虫が全く見当たらないのだ。
1週間前に撮った写真に黒い虫が偶然映っていて
(その時は気がつかず駆除できなかった)、
今日はその虫退治にやってきたというのに、本当に1匹もいない。
なぜなのだ?

mamemusi.jpg
kuwarekabu.jpg

1/成虫になって飛び立った(なら、残りの虫がいるはずだ)
2/昼間は土の中に隠れている(なら、写真には映らないはずだ)
3/鳥が食べた(うん、きっとこれだ! でも1匹残らず食べたというのか?)

DSC09404.JPG
葉は少々食べられても、蕪本体は日々大きくなってきている。
確か、これは小蕪(武蔵野種苗の←宣伝<種をもらった>)だ、そろそろ食べられるな。
で、間引き小蕪を、味噌で食す。胡瓜味噌のように。
ウンマイ! う〜ん、黒虫と味を共有する不思議。

10530kabu.jpg

サラダ春菊は、蕾を持ち始めようとしている。
先っぽを摘んで食す。軽やかなクセ味で、名前の通りサラダにはいいけど、
ちょっと物足りない。味わいも、茎や葉の勢いも。

10530syumgiku.jpg

雑草を抜いてたら、こんな幼虫がでてきた。
蝉の幼虫だと思う。
6本の足を緩慢に(本人にしたら慌てふためいて)空中をさまよわせている。
すぐに土をかぶせたが、結構地面近くにいるんだなぁ。

10530semi.jpg

スナップエンドウはすべて引き抜いた。
成長も早いが、枯れ果てるのも早い。
最後の小さな豆を手に、感謝の意を表する。

saigomame.jpg

あと、
小糸在来の枝豆、胡瓜、ゴーヤを定植。
まだ少し空きスペースがある。
唐辛子とか、トマトをもう一本とか、頭をよぎる。

目先のことに捕われながら、ノーエン作業が続く。

eda10530.jpg

5月23日/雨に濡れながら♪

バイカウツギ(梅花空木)が、咲き出した。
紫陽花の仲間だからか、雨によく似合う。
で、雨に濡れながら、ノーエンで佇む人になる。日曜の昼下がり。

10523hana.jpg

スナップエンドウ、最後の収穫。
大きくなり過ぎの豆を鞘から出す。グリーンピースですね。
で、豆に感謝して引抜く。トレーナーがびしょびしょになる。
次のゴーヤが、待っているのだ。

10523mame.jpg

雨はやまない。
ブルーベリーに、ナスタチウムに、枝豆に、バジルに、雨は等しく降り続ける。
♫ 約束した時間だけが、体をすりぬける。
道行く人は誰一人も見むきもしない♪

10523bb.jpg
10523nasutatium.jpg
10523edamame.jpg
10523bajil.jpg

うどんこつよし、というベタな名前の胡瓜。
まだ定植できないでいる。

DSC09243.JPG

ゴーヤも唐辛子も、まだ植えていない。
といういか、苗もまだ買っていない。
きょうの予定だったけれど、雨で行けなかった。
今年は、なぜか苗が飛ぶ様に売れていて、もう無いかもしれない。

水鉢の中のオタマジャクシの
後ろ足が出てきた。

10523otamaukikusa.jpg





5月16日/で、やってみました!

何をやったかって? ハイ、茗荷の芽、茹でました。
酢みそ情報をもらう前だったので、マヨネーズで。
う〜〜〜〜ん、これはオツな味! ちと筋っぽかったけれど、イイ! 
これは、絶対に天麩羅がいいと思いました。
来年、チャレンジしてみます!

1054yatta.jpg

情報、ありがとうございました、「畑の帽子さん」。

で、今日のノーエンです。
トマト、花咲き始めました。
ミント、この前ちょん切ってお酒に入れたら、
そこからもう新しい芽を3つも出してました。
雑草のチカラは凄いです!

10514tomato.jpg
10514mint.jpg

アイスプラントもこんなに大きく。
でも、コレなぜか人気ないんです。
美味しいと思うんだけどなぁ。

10514ice.jpg

枝豆(在来種)は、なぜか
大きなポットの種だけ、成長し始めました。不思議。

そんなこんなの小さなノーエンの5月。
きょう、ホームセンターに行ったら、ピーマンも茄子も胡瓜も売りきれ。
なんか、時代を感じました。
不景気と野菜高騰のおり、自家野菜で防衛を、ということなのでしょうか。

ではまた、
と、句点で終わる今日のブログでした。

10514mame.jpg



5月9日/いつものように。

暑かったり寒かったりの5月初旬。
野菜たちも、きっと驚いているに違いない。

でも、いつものように、ジャスミンが咲き出し、茗荷が芽を出し
蟻が動き回り、樹木の新緑が増し、ビールが美味しくなり、の5月。
で、1か月ぶりの更新です。

1059jasmin.jpg
109myoga.jpg

ジャスミンの香りがするノーエンで、小糸在来(枝豆)の種を蒔く。
春菊は、もう間引いて食べられる。
ネギは花が咲きそうで、
種を蒔いたアイスプランツは、日々大きく葉を広げ、
アシタバは食べても食べても、また美しい葉を伸ばす。

1059mamemaki.jpg

syungiku1059.jpg

1059negi1.jpg

109asitaba.jpg

カブも順調のように見えるけれど、
さっき紋白蝶が飛んでいて心配。
これは、武蔵野種苗からもらった種だ(一応、コマーシャルを)。

1059kabu.jpg

水割り片手にノーエンを眺めながら歩き、
これから予定している、トマトゴーヤ、ピーマンなど
どこに植えるか考えるけれど、あんまり余地はなさそうだ。

ノーエンはじめて10年ほどたつというのに、
ちっとも学習していない。キミは計画性が乏しい!と言われても仕方ない。
で、

新緑の紅葉と柿の木の下で、
10年前を思い出す。
仕事の帰りに、真っ暗なノーエンを偵察していたっけ。
ぼうちゃんとかマメダ丸さんとかnovaさんとか、どうしてるんだろうか。
そういえば、農園仲間のオフ会にも参加していたんだよなぁ。

1059momiji.jpg

ま、そんなこんなで、
下は、豊作のスナップエンドウと夷隅出身のセリ。
水割りのつまみにベリーグッド!
ということで、ながながお伝えしました。ではまた、近いうちに。

1059seri.jpg1059mamedesu.jpg



前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。